ケータイ小説 野いちご

サクラチル

嵐の前の静けさ

その言葉は私の心に突き刺さる。



信じたくなくて



でも、嘘じゃないことも分かりながら。



「やだな、哲ちゃん。



そんなの、笑えない冗談だよ…」



『冗談なんかじゃない。』

< 35/ 169 >