ケータイ小説 野いちご

栄冠は君に……

にゅうぶ Azu


待ち遠しかった月曜日がやってきた。


「三浦杏桜です。野球が好きです。よろしくお願いします」


イザとなると緊張する。いつもそうだ。

人の前は緊張する。昔はこんなんじゃなかったのにな。


「あず!」

「あ、遼くん。そっか、野球部だもんね」

「うん。それより、大丈夫か?緊張、しただろ...??」


小学校からずっと同じ学校の遼くん。

遼くんは、私がこうやって人前に出るのが苦手になった理由を知っている。


「その...さ、病気、もう平気...??」

「あ、うん!それならもう...大丈夫.....だから、野球部の人には、これで」


そう言って、内緒のポーズをした。

話さなくていい。もう、大丈夫だから。

そう、思い込んでいた。いや、思い込むことで、忘れようとしていた。

そう。あんなこと、もう二度となくていい。

今は、好きなことを思いっきりしたい。やっとそれが、できるところまで来たんだから。


「三浦ー!色々と説明するからこっち来て〜!」

佐山さんに呼ばれ、グラウンドの片隅へ向かった。

秋の空は、晴れ渡っていた。

< 6/ 11 >