ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

3ヶ月だけのママ〜友達が妊娠した17才の夏〜【完結】

第3話「コウノトリはただの鳥」


「ただいま……」

「朋絵、オカエリ!」


 いつもより少し遅い帰宅に、私を出迎えたのはお母さんじゃなくてお姉ちゃんだった。


「遅かったね。居残りでもさせられてたのかな?」


 意地悪そうな笑みを浮かべたお姉ちゃんのお腹は、赤ちゃんを抱えて大きく膨らんでいる。


「来てたんだ」

「うん、ダンナがまた出張でさぁ~。一人は寂しいし、なんかあったときに不安じゃん」

「ふうん」


 あまりお姉ちゃんと話す気になれず、生返事をしながらローファーを脱ぐ。


「今日の晩ごはんは、朋絵の大好きなオムライスだよ!」

「うん……」


 実家に帰ってくるのも私に会うのも久しぶりだし、構って欲しい姉の気持ちはわかってた。
 普段だったらこんな姉の相手も喜んでしていたし、仲のいい姉妹だった。

 でも、今日だけは無理。
 こんなタイミングで帰って来なかったら、私もお姉ちゃんに久しぶりに会えて嬉しかったのに。

 妊娠した千奈美。
 妊娠しているお姉ちゃん。
 同じなのに違う二人が切なかった。


「朋絵、どうかしたの? お腹でも痛い?」


 さすがに姉も、私の様子がおかしいことに気がついたみたい。
 心配そうに声をかけられるけれど、本当のことなんて言えるはずがなかった。


「ううん、大丈夫。ちょっと寝不足なだけ。少し部屋で休んでくるね。オムライスは後で食べるから、取っといてね」

「そう? わかった。夜更かしは体によくないから、ほどほどにね。今寝ちゃうと、夜眠れなくなるよー」

「はーい、わかってますって」


 少しでも心配されないように、悩み事を気取られないように努めて明るく答える。

 玄関からそのまま階段を上って、自分の部屋へ行く。

 扉を開けると机の上に鞄を放り投げて、そのまま倒れるようにベッドに突っ伏す。
 制服がシワになっちゃうと思っても、着替える気力なんてない。

 いろんなことがあったような気がするのに、起きたのは千奈美の妊娠というただ一つ。
 それなのに、今日はとっても疲れてしまった。

 布団に顔をうずめながら、目頭が熱くなるのを感じる。

 千奈美が――妊娠した。

 ろくに恋もしたことがない。
 彼氏だって未だかつて出来たことがない。
 ファーストキスもまだで、もちろん初体験も。

 私はまだこんなにもお子さまなのに、千奈美のお腹のなかには赤ちゃんがいるらしい。
 彼氏がいたって、千奈美もまだ私と同じなんだと思っていた。

 啓子もそう。
 本当はずっと遠い人だったのかもしれない。

 セックスも妊娠も経験した二人。
 何も知らない私が一人。

 悲しいのか、辛いのか、悔しいのか。
 なんで自分が泣いているのかわからない。

 頭の中がグチャグチャで、気持ちが悪い。
 吐き気がする。

 子供がどうやって生まれてくるのか。
 どういう行為で授かるのか。
 高校生にもなってそれを知らない人はそういない。
 私だって、もちろん知っている。

 一番最初、いつどこでなにで知ったのかはわからない。
 それでも、私は知ってる。


 コウノトリは赤ちゃんを運んでこない。

< 6/ 63 >