ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

3ヶ月だけのママ〜友達が妊娠した17才の夏〜【完結】

第5話「家族計画」


「飲んでねぇ~」


 啓子の家に着いた私たちは啓子の部屋に通され、家族が留守だからと啓子がお茶を入れてくれた。

 ポットを出してくれたけど、フタの端からティーバックのタグが見えている。
 紅茶かなって思ったけど、タグにはルイボスティーと書いてあった。

 かわいい花柄のカップに注がれたお茶は紅茶とよく似た色をしていた。


「ノンカフェインだから、安心して飲んでねー」


 白いロウテーブルの前に座った私たちの前に、そのルイボスティーという名前のお茶が差し出される。


「美容とかダイエットとかにもよくって~、おいしいよー」

「う、うん。ありがとう……」


 飲んだことのないお茶に、ちょっと緊張する。
 見た目は紅茶に似てるけど、味はどうだろう。
 おそるおそる手に取って、口にする。


「あ、おいしい」


 ちょっと飲み慣れない味だったけど、ほんのり甘いような感じがして、クセになりそう。


「千奈美は~?」

「うん……」


 緊張したようにテーブルの前で小さくなっていた千奈美もカップを手にして飲む。
 しばらく味わった様子で、二口目を飲む。
 飲めないようではないようで、啓子はホッとしたようだった。


「砂糖とかミルク入れてもおいしいよ~」


 クーラーの効いた部屋で温かいお茶を飲むというのは贅沢な感じ。
 妊婦さんは体を冷やしちゃいけないっていうから、ちょうどいいのかも。

 お茶を飲みながら、久々に入った啓子の部屋を見渡す。

 ベッドサイドに置かれたあのティディベアはおニューかな。
 相変わらず、啓子の部屋はぬいぐるみが多い。
 大小さまざま、モチーフもクマやイヌやウサギとさまざま。
 とってもかわいらしいお部屋。

 ぐるりと部屋を見渡して、視線を戻す。
 隣で千奈美が心細そうに、背中を丸めていた。


「千奈美、私は千奈美の味方だからね」


 千奈美の顔を覗き込んでそっと語りかけると、千奈美はコックリと頷いた。


「もちろん私も、そうだよー」


 向かいに座った啓子も、身を屈めて千奈美にそう言う。
 少しだけ、千奈美の頬に笑みが浮かんだ気がした。


「でね。千奈美は……どうしたいの?」


 ゆっくりと、いつもよりはっきりした口調で啓子が問いかける。
 千奈美の唇が震えた。


「…………」


 けど、それだけだった。

 千奈美はを噛んで俯いてしまう。
 笑みを浮かべた気がした頬も強張って、じっと体を硬直させる。
 震える背中が痛々しい。


「っ……そんなにすぐ、決められないよね!」


 思わずそう叫んでいた。
 千奈美を追い詰めてしまうのが怖かった。


「それもそうだね! 大切なことだから……ちゃんと考えて」


 私が出した助け舟に、意外なことに啓子も乗っかった。
 それから一拍置いて、啓子は言い切る。


「でも……オ、堕ろすなら、早い方がいいからね!」

< 11/ 63 >