ケータイ小説 野いちご

夜の甘やかな野望~White Night~

4.



    *


「さ、着替えよっか」


宗忠は朗らかに言ってベットから出ていく。


もう、この人の体力はどうなっているんだ。


倫子はベッドの上でぐったりとしていた。


散々、淫らな態勢をとらされた。


っていうか、もう卑猥っぽい。


外見は王子、振る舞いは紳士。


なのに。


「倫子さん?」


のろのろと倫子は体を起こした。


ヨガとかで柔軟性を鍛えよう。

< 14/ 27 >