ケータイ小説 野いちご

私達の夫は極道

第1章如月組
兄弟の再会

南side

わしの実家でもあった南組は潰れた。

若頭2人に任せて正解だった。

『先代、この組も安泰だな。わしの出る幕はないから、子守に専念させて貰うな』と仏壇に話しかけた。

「南さん、若と頭がお呼びで、事務所へお願いします」

敦が呼びに来て向かった。

事務所には青山の頭と若までいた。

「南さん、元南組の頭が会いたいと言ってきました」

「あいつがか?」

「はい、風流会に連絡がありました」

頭も若も『どうします』という。

< 64/ 185 >