ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

蘭蝶

2章
*バレました

皆に、王蝶での事を話た次の日。


私は兄達に呼び出されていた。


今は、空き教室。


優人「美玲。あの噂どういう事だ…?」


「……そのままだよ」


隼人「美玲が他人を虐めるわけねぇーだろ?」


真っ直ぐに信じてくれる2人…。


王蝶でもこうやって信じて欲しかったな…。


「……私を信じてくれるの…?」


隼人「当たり前だろ?」


優人「美玲は、絶対そんな事しない。」


「信じてくれてありがと」


それから、私は、2人に昨日皆に話た内容を話始めた。


話終えると…


優人「……潰す」


隼人「ああ」


「ちょっ」


だから、バレるの嫌だったんだよ…。


「潰さなくていいから」

< 43/ 257 >