ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

蘭蝶

1章
*仲間

美玲side


伶「なぁ?美玲。アイツ等ちゃんと真実にたどり着くと思うか?」


「ん〜。無理かもね…。あの人達に奈々を信じ切ってるんだから…。」


だから、先に姫になった私を追い出したんでしょ?


私は、秘密はまだあったけど皆の事仲間だって思ってたのにな…。


伶「美玲は、それでいいのか?」


「……良いんだよ…。」


伶「……じゃあ、泣くなよ…。」


「え…?」


自分の頬を触ってみる。


すると生暖かい水…涙が伝っていた。


伶「我慢すんなよ…。」


伶は、そっと私を抱きしめた。


「伶……ありがとう」


伶「当たり前だろ?」


私は、伶の腕の中で涙を流した。


「…もう、大丈夫。ありがとね。伶」

< 28/ 257 >