ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

新選組と最強少年剣士

噂の少年隊士!?
今日も元気に任務


幕末の世を取り締まる組織の1つ。


それが〈新選組〉である。










京の街。


江戸の都は、今日も賑やかで安全で‥‥‥


「スリよ!誰か捕まえてー!」


はなかった。


どうやらスリがあったようで。


手に盗んだであろう財布を持った男が、全力で走っていた。


誰も男を捕まえる者はいない。


「へへッ誰が捕まるもん‥‥‥」


男が余裕に笑みを浮かべた、そんな時だった。


「は〜い、悪さしちゃダメだよっ!」


少年の声がした瞬間、男の目の前が真っ暗になった。


周りの者達は驚いて、男‥‥‥ではなく、男の頭を蹴りつけた者を見つめる。


はためく浅葱色の羽織 高く結ばれた黒髪
背中に背負われた一本の刀


地面に軽やかに着地したのは‥‥‥少年であった。


少年はアホ面を曝す男に向かってニッコリと笑いかけた。


「お兄さん、スリなんかしちゃダメだよ」


「は、はぁ!?なんだよおま‥‥‥っで!?」


少年は懐から鉄の扇子を取り出すと、男の頭を叩いた。


「はい、とりあえずさ、盗んだお財布出して」


「はっ、嫌だよっ!」


男はそう啖呵を切ると、立ち上がって走りだそうとする。


「ん?そう?じゃあ仕方ないな〜」


「!?」

< 2/ 94 >