ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

[完結]欲しいのはお前だけ。

◇心に届くまで

*ましろSide*



「橘木ー、今日の放課後って暇?」



修学旅行2日目。

遠藤先輩と一言も言葉を交わさないまま、あのキスの日から2日も経過していた。


いつもと同じ時間に学校に登校して、荷物を机に置いていると四ノ宮君にそう声をかけられた。



「今日?暇だけど……」


「じゃあさ、10分だけ俺にお前の時間ちょうだいよ」



放課後は課題をする以外の用事は何もない。

10分と言わず1時間くらい拘束してくれても構わない。




< 238/ 360 >