ケータイ小説 野いちご

[完結]甘やかし王子様が離してくれません。

◇知りたくなかったこと

*ましろSide*



「……えっと、おはようございます?」



「ああ、おはよう」



校門前、そこで偶然遠藤先輩と遭遇した。

遅刻した日以来、初めてだなぁ。
朝学校に来る時間が先輩と合ったの。


ところで……先輩は何してるんだろう?



両手を広げて1歩1歩わたしの方に近づいてくる。



< 171/ 360 >