ケータイ小説 野いちご

その灯火が消えるまで

4





「オッス貴也!」

「…………」


期末テストが終わり、あとは夏休みを待つのみの頃。


その夜、俺は犬の散歩をしていた。



田んぼばっかの、電灯もまばらにしかない夜。


俺はわりと、夜の静かな散歩を毎日楽しんでいた。

そして、たまに出くわすのがコイツ。



「……結灯」


「やっほ!」

結灯はにっこりと片手をあげる。


「ワンッ!」

「お?けいたろも元気してた?」


結灯に突進していった犬はもちろん、
あの日の犬。


その名も、蛍太郎(けいたろう)♂。


蛍太郎が来てから約2週間。

犬の成長は早いもので、
蛍太郎は前よりでかくなった。


人懐こく、誰にでも飛び付いていく犬だけど。

中でも、結灯のことはお気に入りらしく、
会うとすごい勢いで突進していく。


ちなみに、名前は結灯に決めてもらった。


蛍太郎の由来は、

『全力で生を全うする男の中の男!』

だそうな。



< 46/ 413 >