ケータイ小説 野いちご

その灯火が消えるまで

1








「………最悪」





俺はさっきからイライラしている。






ゴンッ!

「いってぇ!」


何度目かも分からないくらい、
頭をぶつけている。



俺の頭がおかしい訳じゃない。


自分でやってるんじゃなくて…




「あっははー!貴也!頭ぶつけすぎ~」


「てめぇの運転のせいだろ!」



そう。

俺は今、車の中。


「しっかし田舎だねぇ。道路も舗装されてないし」


「…てッ!ババア!気を付けて運転しろって言ってんだろ!」


< 4/ 413 >