ケータイ小説 野いちご

その灯火が消えるまで

0




「貴也!ボール行った!」


「オッケー!」








その少年は



誰よりも軽やかに

誰よりも楽しそうに






子供たちの中心で笑い、走り回っていた。







< 1/ 413 >