ケータイ小説 野いちご

マリーゴールド

記憶のカケラ





『咲月。




楽しいとき、嬉しいときは、構わず笑ってしまいなさい。




苦しいとき、悲しいとき、怒れちゃうときも、




笑っていなさい。




笑って、ここへ戻ってきなさい。




戻ってきたら、存分に、泣きつかれて寝てしまうまで、




いっぱい、いっぱい泣きなさい。




いつだって泣きたくなったら戻ってこれば良い。




世界中のみんなに嫌われて、見放されたとしても、




私は最後まであなたの味方でいる。』


































私はこの時




暖かいぬくもりに包まれていたような気がした―――























< 1/ 5 >