ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

それはきっと、君に恋をする奇跡。

*第1章*
大嫌い



昇降口の前は、新入生でごった返していた。


どうやらクラス発表の紙が掲示されている様子。




「真由ちゃん、早く早く!」



真由ちゃんの腕を引っ張りながら、人波をかき分けて掲示板の前に立つ。


同じクラスになれますように!


祈る想いで探すのは。


永井遥輝……永井遥輝……


自分そっちのけで、ハルくんの名前。



「わっ、あたしたち同じクラスだよっ!3組!」



隣から真由ちゃんが肩を揺さぶってくる。



「へっ……?ほんと?」



まだハルくんの名前を見つけられないあたしは、半分だけ意識を持っていって返事すると。



「反応薄っ!!!」



不貞腐れたような真由ちゃんの言葉が返ってきた。



「あ、ごめんってばぁー」



ああ、またやっちゃったよ……。


さっき反省したばっかりなのに。


あたしの頭の中、どれだけハルくんなんだろう。


< 19/ 392 >