ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

それはきっと、君に恋をする奇跡。

プロローグ






白く無機質な空間。


鼻につくのは、嗅ぎ慣れた薬品のにおい。




「お願いが……あるんだ」



掠れた声が、静かに落ちた。



「……なに?」



それに答える声も同じように掠れていた。




"お願い"を口にしたキミは。




「……ごめん……こんなこと頼んで」



申し訳なさそうにうつむく。



「ううん」



そんな顔をしないでほしい。


キミのためならなんだってするから。


強く首を横に振ると、キミは穏やかな目を見せたあと真っ直ぐに顔をあげた。



「でも、これだけは約束して……」



久しぶりに見る真剣な瞳にドキッとしつつ、なにを言われるんだろうとその口元を見つめた。



「……ん?」


「……もし……もしもの話だけど───」







この先に続いたもしもの話。



それが本当になるなんて、


このときは夢にも思わなかった……。


──────
─────────


< 1/ 392 >