ケータイ小説 野いちご

櫻の園

花酔い



窓を開けると、新鮮な風が舞い込んだ。

うんとそれを吸い込むと、体の奥まで洗われる気がする。


「男役はどーすんの〜?桃〜っ!」

「そだよ、葵がラネーフスカヤやるんじゃ他にやれる人いないじゃん!桃が言い出したんだからね、葵をラネーフスカヤにしようって!!」


文句を垂れる美登里と奈々美の声が後ろ頭をつつく。


古い黒板に、並んだチョークの文字。


前々から協力してくれる人や出演者を集っていたが、本格的に"桜の園"のメンバーで集まるのは今日が最初。

旧校舎の、ガラクタのように舞台道具が積み上げられた狭い一室には、思ったよりもたくさんの生徒が集まっていた。

その半数があたしにとっては新鮮な顔ぶれで、ほとんどは葵の取り巻きの一年生だ。


「でも小笠原先輩が主役の舞台って、あたし見てみたいですっ!!」

「あ、あたしも!!」

一生懸命に葵に話しかける彼女たちの瞳は、まるで恋する乙女のようだった。


「…あたし男役のペーチャやるから。もう一人のロパーヒンは誰か探すしかないよ…って聞いてないし」

キャアキャアと楽しそうに段ボールからカツラや衣装を引っ張り出す奈々美たちの後ろ姿に、思わず深いため息が出た。


…さっそく、これから先が思いやられそうだ。


「とにかく!練習は放課後になるけど、絶対誰にも見られないようにね!?旧校舎は立ち入り禁止になってるんだから!」


はーい、と所々で聞こえる生返事。

ラネーフスカヤ、ロパーヒン、アーニャ、ワーリャ、ペーチャ…黒板に立ち並んだ配役たちは、自分を演じてくれるのは誰かとそわそわしているように見えた。

.

< 57/ 193 >