ケータイ小説 野いちご

櫻の園

花冷え




『桃ちゃんは、ヴァイオリンの天才ね』

幼い頃の夢は、ヴァイオリニストになって世界中を演奏して回ることだった。
その時、世界は明るかった。
あたしをまるごと受け入れてくれた。


ヴァイオリン教室の先生だった母。

当たり前のように与えられた、茶色いその楽器。

それを手にして間もなく、あたしは何もかもを置き去りにして夢中で弾いていた。

楽しかった。

練習すればするほど、両親はあたしをほめた。

それが嬉しくて、あたしはヴァイオリンにのめり込んで行った。



『上手上手! 桃ちゃん』
『桃ちゃんは、頑張り屋さんねぇ』

ぼんやりとした記憶の奥で、
ずいぶんと懐かしい声がする。

あんなに輝いていたはずの世界。

何もかもがキラキラと、あたしを惹きつけてやまなかったのに。


『次のコンクールも、頑張ろうね』


……なのに今、あたしはどうしてこんなにも空っぽな思いを抱えているんだろう。

いつから、どこから、あたしは間違ってしまったんだろう。


.


< 1/ 193 >