ケータイ小説 野いちご

君の笑顔を守る為なら私は。

*性格悪い私のわがまま




半年記念日は、あと3日後に迫っていた。



あの日から私と鳴海の関係に変化は何一つ無い



まぁ、いつも通りって事だ




「あ、そーだ。今日さ駅前のタピオカ飲みいかない?」


菜々が帰りの準備をしながら聞く


「タピオカ?飲みたい!いこいこ!」


奈々と放課後遊ぶの、久しぶりだなぁ。


「じゃ、決定で!」




そして、帰りのHRが終わり、かばんを手に取る



靴を履いて、菜々と他愛ない話をする



目的のタピオカも買って、2人で美味しいね!って笑い合う


< 9/ 49 >