ケータイ小説 野いちご

君の笑顔を守る為なら私は。

*君の笑顔を守る為なら私は。




扉を開けた瞬間感じる、心地いい風。


見渡しても誰もいない。




「やっぱりここは好きだなぁ」




菜々にも内緒で過ごしたい時は

いつもここに来る

私のお気に入りの場所。





「大好きだったよ、かぁ。私頑張ったなぁ…あれ、なんで今更、わた、し泣いてる…ッの?」





彼の顔を思い出した瞬間溢れ出す涙




「ヒックッ…う…ッ……大好きだった、なん…てウゥ…嘘、だよヒックッ……」




フェンスを掴んだ手がドンドン力を無くしていき


ペタンっと座ってしまう


力が入らない。

< 21/ 49 >