ケータイ小説 野いちご

君の笑顔を守る為なら私は。

*バイバイ、大好きだったよ




──翌日




「おはよ!風海!」



「おはよ!」





今日の昼休み。


今日の昼休みに鳴海と別れる


付き合ってるつもり無かった、なんて言われちゃったらどうしよーね。





「風海…私は風海の味方だからね!なんでも受け止めるから!」




両手を広げて、どんとこーいなんておちゃらける菜々が面白くて、くすりと笑う




「うん、ありがと」






今日の授業は今までで一番短かったんじゃないか、なんてそんな訳は無いんだけど




─キーンコーン




授業が終わった合図の鐘





それと同時に私は椅子から立ち上がる




「風海!ふぁいと!」




菜々がガッツポーズをしながら言う





「うん!」


< 13/ 49 >