ケータイ小説 野いちご

アフタヌーンの秘薬

【中揉】廻り乾く心




龍峯のバイト代と偽装婚約の契約料が振り込まれ生活は楽になった。このまま数ヶ月頑張ればある程度の貯金もできそうだ。
ただ体力的にも精神的にも余裕のない毎日がいつまで続けられるのか不安にも思っていた。

聡次郎さんのお弁当は龍峯に出勤の日は必ず作っていた。自分の分と同じおかずを入れるだけだからいいのだけれど、当初の想像以上の恋人ごっこに戸惑わずにはいられない。

聡次郎さんは忙しいはずなのに私の休憩時間に合わせて会社に戻ってきては、部屋で2人でお弁当を食べる。必ず私にお茶を淹れさせて「まあまあ」といつまでも自信を持てない感想を言うのだ。

「梨香、今日は俺がお茶を淹れるよ」

珍しく聡次郎さんが電気ポットでお湯を沸かし始めた。

「え?いいんですか?」

「秋に販売する予定の抹茶入り緑茶を先に飲ませてやるよ」

聡次郎さんは紅葉の絵が描かれた袋を開けお茶の葉を急須に入れた。

新商品は販売時期が決まりパッケージまで完成してから店舗に試飲が回されてくる。秋の商品は本来私はまだ見ることも飲むこともできない商品だ。

「ありがとうございます」

キッチンに立つ聡次郎さんを観察していると、マグカップに1度お湯を入れてから急須に注いでいる。
以前に飲んだ聡次郎さんの龍清軒を思い出して不安になっていたのだけれど、あの頃と比べて聡次郎さんもお茶を淹れる勉強をしているということだろう。

「飲んでみ」

テーブルに置かれたマグカップの中身は鮮やかな緑色だ。


< 112/ 208 >