ケータイ小説 野いちご

アフタヌーンの秘薬

【蒸熱】柔らかに芽生えた出会い




「ありがとうございました。ごゆっくりどうぞ」

カウンター越しに提供したシナモンロールラテの出来に満足しながら、客席に向かうお客様に声をかけた。
昨年自分が考えた新作ドリンクが今年も復活して採用されたこと、それの売れ行きが好調なことに嬉しさが倍増する。

私鉄駅の構内にあるこのカフェに勤め始めて4年になろうとしている。過去にも1度ホットサンドを考案して採用されたことがあり、徐々にこのカフェでの仕事にやりがいを感じ始めていた。

「梨香さんの考えたドリンクが今週で終わりなんて残念」

後輩の相沢優衣が閉店準備のためアイスティーの入ったピッチャーを冷蔵庫にしまいながら声をかけてきた。

「ありがとう。また新しいの考えてみるよ」

定期的にアルバイト従業員からも新作商品の提案をする機会はある。次回の夏の商品をまた提案する予定はあった。

「ほんと、梨香さん店長より社員っぽい。仕事頑張ってますよね」

「はは、そうかも」

相沢の冗談にもならない指摘に苦笑いだ。

このカフェでは正社員並みの時間勤務している。朝9時にオペレーションに入り、長ければ閉店作業が終わる22時までいることも多かった。
アルバイトを掛け持ちする生活が長くて、このカフェの他にも個人経営の料理店でアルバイトをしていたけれど数ヶ月前に潰れてしまい、今はここだけで働いている。

「梨香さんが社員になってここの店長になったら最高なのに」

「でも相沢さん、もう卒業しちゃうじゃん」

「そうですけど、残された後輩たちのためにも今の店長じゃ可哀想ですよ」



< 1/ 208 >