ケータイ小説 野いちご

最強総長ー真実の愛はどこにー

アメリカ旅行



...........


次の日


学校に行くと

〔きゃァァァ!
華音ちゃ〜ん!!!〕


わ、私!!??

これは何事!?



「華音!

おはよっ」

後ろから走って来たのは朱里だった

朱里はこの光景を見て呆れた


「バカみたい
迷惑だよねぇ、こういうの

お兄ちゃんいつも愚痴ってるし」


そうなんだ…


「華音、朱里」


やってきたのは

雷龍幹部達


< 257/ 435 >