ケータイ小説 野いちご

あの手の温もり

エピローグ



--------------------------------------------
るりへ
--------------------------------------------
お父さんが癌だとわかってから、お前には
--------------------------------------------
たくさんツラい思いをさせてしまった。
--------------------------------------------
お前が隠れて泣いてたこと、お父さんは
--------------------------------------------
ずいぶん前から知ってたよ。
--------------------------------------------
るりは優しくて強いお父さんの自慢の娘だ。
--------------------------------------------
それに、るりはお父さんによく似てる。
--------------------------------------------
恥ずかしくて素直になれないところとか、
--------------------------------------------
ビックリした時に固まるところとか。
--------------------------------------------
るりがそばにいてくれただけで、お父さん
--------------------------------------------
は心強かった。るりやゆりやお母さんがいて
--------------------------------------------
くれたから、ツラい闘病生活も乗り越えられ
--------------------------------------------
たんだ。お母さんとゆりは弱いから、くじ
--------------------------------------------
けそうになった時はるりが2人を励まして
--------------------------------------------
やってくれ。頼りにしてるぞ。
--------------------------------------------
いつまでも、強い父親でいてやれなくて
--------------------------------------------
ごめんな。それでもお父さんは家族を愛
--------------------------------------------
している。これからは、お前たちのことを
--------------------------------------------
空から見守っているから幸せに暮らすんだぞ。
--------------------------------------------
お母さんとゆりを頼んだ。
--------------------------------------------
それと最後に。
--------------------------------------------
万里君と仲良くな。るりからの手紙、涙が
--------------------------------------------
出そうなくらい嬉しかった。元気でな。
--------------------------------------------
お前たちの幸せを、心から願っている。
--------------------------------------------
お父さんより
--------------------------------------------



お父さんが亡くなってからすぐ、枕の下からあたし宛ての手紙が見つかった。


意識がもうろうとする中、お母さんに手伝ってもらいながら書いたんだとあとから知らされてーー。


お父さんの深い愛と最後まで強くあろうとした姿に、涙が止まらなかった。




< 33/ 34 >