ケータイ小説 野いちご

あの手の温もり

高校1年、秋



--------------------------------------------
お父さんへ
--------------------------------------------
あの日、お父さんの手を取ることが出来
--------------------------------------------
なくてごめん。
--------------------------------------------
お父さんの姿を見て、本当は泣きそうだ
--------------------------------------------
ったの。
--------------------------------------------
きっとあたしは、未だに信じられないんだ。
--------------------------------------------
お父さんが癌だってことを信じたくないの。
--------------------------------------------
いつまでもあたしにとって、強いお父さんで
--------------------------------------------
いてほしかったんだよ。
--------------------------------------------
ごめんね。自分のことしか考えられなくて。
--------------------------------------------
お父さんはあたしにとってヒーローみたい
--------------------------------------------
な存在だったから、ずっと変わらずに
--------------------------------------------
いてほしかった。昔と変わらないお父さんで
--------------------------------------------
いてほしかった。お父さんはお父さんのまま
--------------------------------------------
で、いてほしかった。
--------------------------------------------





< 16/ 34 >