ケータイ小説 野いちご

HEAVEN of JOKERS

Episode 2








【紬Side】








痛いとか、そう言葉に出せたらどれだけ楽なんだろう。



踏み潰された足を引きずって、裸足のまま駆けてきた。

追いかけてこないのは、なんとなく予想がついていた。







翔平さんは、わかっているから。


私が、あそこ以外に帰る場所がないことを。










「はぁ……はぁ……はぁ……」






正直、方向の感覚が全くない。


今、どこにいるかもわからない。








そのとき、私の頬にポタッと水滴が落ちてきた。





……泣いてるの?


私が?






そう思ったけど、その粒はどんどん強くなって、


ザァァアと音をたて出した。








「……寒、い」







だから、最初の水滴が涙か雨かなんて私にはわかるはずもないし、考えたくはなかった。












修太くんが、悪気もないのも知ってる。


彼処が、雷神連合が大好きなのも知ってる。








ただ、彼の隣は私の居場所じゃなかったのが、とてつもなく寂しいんだ。











「私って……、馬鹿だなぁ」





雨に打たれてる身体は、怪我をしているせいか熱を帯びていて、幸か不幸か周りに人はいないから、少し休憩できる。






道に、座り込んでいても、誰も通報とかしないだろう。


誰もいないんだから。









そう思って、道の脇の塀に手を添え寄りかかるように身体を預けた。



けれど、それが私の身体の緊張を一気にほどいてしまったのか。










私の身体は座り込むのではなく、そのまま前へと倒れた。










……身体に、力が入らない。



















その時、私の上に影ができたのがわかった。





…………翔平さん?



私に、追い付いたの……?





とりあえず、逃げなきゃ。





「逃げ……なきゃ……」




影が何かいってるのがきこえる。










でも、






私はそれに答えることもなにもすることができず、そのまま意識を失うしかなかった。









< 27/ 89 >