ケータイ小説 野いちご

【短】狂愛彼氏 ーキミが大人になるまではー






尚(ひさし)
________*




「一週間くらい、会いに来るのやめてもいい?」


僕の可愛い木葉がそんなことを言い出すものだから、僕は気が気でなくなった。


「どうしたの?」

「テスト前だから、勉強しなくちゃ」


わからない……

中学時代のテストなんて、寝ていても良い点がとれた僕には……

木葉がなにを言っているか、全くわからない……


「木葉、そんなに頭悪かったの?」

「しっ、失礼な!これでも、20番位内くらいにはいるよ?」


そんな膨れ面をされたところで、可愛いだけだ。

それで怒っているつもりかい?

そもそも20って、威張れるものなのか……?


僕は物心ついたときから傍にいたこの子を

一日も早く……


『自分のもの』にしたくて、仕方がない。

< 6/ 14 >