ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

星に願いを

別荘


【最上家別荘】
《芹明SIDE》

遥が元気そうで良かった。
それに、遥と珠明…病院なのにイチャつきすぎだろ。

ガチャ

執事・榊「芹明様。おかえりなさいませ。」

連「どこ行ってた?」

芹明「遥の目が覚めたと連絡があったから病院だ。」

連「結構長かったな。」

芹明「他にも寄り道してたからな。」

連「芹明のこと、知りたい。」

芹明「めんどくさいから後つければいいだろ?」

連「倉庫入って行ったよな?」

今日、普通につけられてたんだな。

芹明「つけたのか?」

連「散歩中に見かけた。」

芹明「あっそ。あれは私の家の倉庫だ。久しぶりに昔のものを懐かしみに行ってた。」

連「本当にか?」

ヤベェーな。
結構、疑われてんな。


< 80/ 333 >