ケータイ小説 野いちご

星に願いを

別荘


【最上家・別荘】

今日から琥珀と一緒に暮らすとか。

ありえないけど仕方ない。

芹明「榊!」

執事・榊「芹明様。どうされましたか?」

芹明「くれぐれも私が姫蝶であることをバラすなよ。」

執事・榊「承知しました。」

怖いな。
こいつ微妙に口軽いし。

芹明「バラしたらその時点でクビな!」

執事・榊「それは御勘弁を。」

芹明「バラさなければいい話だ。」

これくらい脅しておけば大丈夫か?

コンコン

ガチャ

空明「芹明〜。連くんが来たわよ〜」

お母さん、ご機嫌だな。

私は機嫌悪いけど。

ガチャ

芹明「だから、何?」

真海「まぁ、そう言うなって。」

連「今日からよろしく。」

芹明「勝手によろしくしてろ。」


< 50/ 333 >