ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

星に願いを

出会い


《姫蝶SIDE》

またか…。

姫蝶「ここで何をしている?」

琥珀「姫蝶を待ってた。」

姫蝶「毎回懲りないやつだな。」

琥珀「俺には姫蝶が光を探してるようにしか見えねーんだよ。」

姫蝶「だとしてもお前には関係のないことだ。」

琥珀に出会ったのはつい1週間前だろうか…?

琥珀「姫蝶には関係なくても俺には関係があるんだよ。」

そんな自分勝手な…。

だから、族の人間は嫌いなんだよ!

族に入ってる自分が言うのもおかしな話だけどな。

姫蝶「今日はここまでだ。私は帰る。お前と話しても疲れるだけだ。」

琥珀は世界No.2の白虎の総長だ。

だとしても、私には勝てない。
それに、私は自分より弱い奴に闇から救ってもらおうなんて思ってもない。


< 1/ 333 >