ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

フェンス~越えてはいけない境界線~

第八章 フェンス



2時間前に亮と2人で歩いてきた道を4人で走っていく。


亮と2人で歩いている時は、ワクワクドキドキの肝試し。


まさかこんなことになるなんて思っていなかった。



そして今……



亮は中田の背中でグッタリしている。


10分くらいダッシュしただろうか。


ついにフェンスが見えてきた。

< 154/ 257 >