ケータイ小説 野いちご

Sweet Halloween

Sweet Halloween



 ざわつく周囲。あちらこちらで歓声が上がり、楽しそうにはしゃぐ声が聞こえる。この場所に知り合いなんてそれほど多くないけれど、これだけの人がいれば誰か一人くらい知っている人はいるだろう。けれど、それも今日のこの状況からは判別するのは難しい。これで声をかけてくる人がいるとしたら、どうして私だとわかったのかと、寧ろ怖くなるかもしれない。

 そんな状況下に不本意のままおかれている私の脳内には、当然のように不満が渦巻いている。
 なんなのよ、これ。日本は海外にかぶれすぎなのよ。
 クリスマスだけでも十分かぶれているのに、ボジョレーだって、バレンタインだってそうよ。
 あ、最後のはお菓子メーカーの策略か。ん? ボジョレーも飲料会社の策略?
 何にしても、海外のものにかぶれてはしゃぎすぎなのよ。
 納得できない状況に不満顏のまま、左手にあるスパイダー柄で血塗れの日傘を持ち直す。

「今更ヤダとか言わないよね?」

 羊の顔を右手に持った颯太が、不安そうに私の顔を覗き込んでくる。

「今更やめるなんて、俺が言わせねぇ」

 オオカミの顔を被ったままの樹《いつき》が、なぜだか偉そうな態度で言ってきた。
 それを見て、小さく息を吐く。
 これは、半ば諦めのため息なのかもしれない。
 自分の置かれている状況や、ましてこの姿を鏡で見てしまったら諦めたくはないけれど、二人が言うように今更なのだ。当日になって駄々をこねるなんて、小さな子供かっ。と私が二人の立場なら言うに違いない。
 けれど、何が悲しくて大学のキャンパスを血塗れのメイド服で仮装して歩かなくちゃいけないのよ。
 だいたい、メイドなのに何でスパイダーの日傘なんて持ってるわけ?
 メイドなら銀色のお盆でしょう?
 そんな細かいことはどうでもいいのか?
 あ、お盆なんて持っていたら、一発芸を強要されかねないかな。
 いや、強要されてもやらないけど。裸で銀のお盆とか、無理無理無理!
 だいたい、おどろおどろしくするには、黒い物とか血がついてればそれでオッケーみたいな安易さが嫌なのよ。かといって、じゃあどうする? なんて訊かれても、特にアイデアもないけれど……。
 周囲には、仮装をした学生たちがたくさん歩いている。もしかしたら、先生や事務のおばちゃんさえ混じっているかもしれないよね。
 しかも、意外とノリノリだったりして。
 辺りに目をやれば、まんまジャックオーランタンに扮している人や、何を勘違いしているのか裸体に直接腐敗したようなペイントをして、三角の小さな水着を下半身につけているだけの人もいた。
 小島かっ! って、さっき樹が突っ込んでたけど、あの人は知り合いなんだろうか?
 お姫様もいれば魔女もいて、ナイトメア的な人やただのアニオタみたいな扮装の人もいる。
 木を隠すには森なんて、うまいことを言ったものだけれど。どんなに似たような紛争の人たちが溢れていようとも、私はメイド服に身を包む自分が恥ずかしいんだよぉーー。
 何なのよ、このフリフリはっ。

「大丈夫。那智、すごく似合ってるよ」

 慰めてくれているのか素で喜んでいるのか、颯太が満面の笑みを向けるから、不貞腐れたまま睨み返したら頬を引き攣らせた。

「馬子にも衣装だな」

 相変わらずの上から目線に、オオカミに扮した樹の鼻っ柱をパーではたくと、柔らかな素材でできた被り物がヘニャリとずれた。

「何すんだよ」とそれほど怒った感じでもなく言いながら、樹はオオカミの顔を正面へ向けようと直している。そんな私とのやり取りを見ていた颯太は、苦笑いを浮かべていた。



< 1/ 4 >