ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

悪魔くんとナイショで同居しています

01
奏のちっぽけな勇気





二十日奏。

十七歳にして初めて……異性と見つめ合っております。



憧れていた爽やか好青年ではあるけど、

「あれ?まさかもう帰りたいとか思ってる?」

正真正銘の……悪魔なんです。



帰りたい!

そりゃあ帰りたいですとも!



「いやぁ……はは。せっかく連れて来てくれたんだし……ねぇ?」



だってココ、超高層ビルの屋上だよ?

柵も何もないんだよ?



帰りたいに決まってんじゃん!

でも恐れ多くてそんなこと言えないんじゃん!



「そう?真っ青な顔してるから、帰りたいのかと思った」

「えへへ……滅相もありません」



とりあえず今は転落しないように、中央付近で体操座りをしています。

そして爽やか好青年の仮面を被った悪魔は、私の向かいでニヤニヤしています……。



「言っとくけど、お前は特別待遇だからな?契約者以外の人間に尽くすなんて、そんなことありえねぇから」

「あ、ありがとう……」



うーん。

あんまり嬉しくないかも。




< 83/ 360 >