ケータイ小説 野いちご

縛 り

噫、何時の事だったか
虚実





「今だから言えますけど、僕、お鈴さんの事がずっと好きだったんです。

昔から。

だからこうやってまた会えたのが嬉しくて。

少しだけ、近藤さんや土方さん達と一緒に居れないのが残念だけど、其れはもう仕方が無いから。


本当に、二度と貴女に会うつもりは無かったんですよ。

それが僕なりの覚悟だった。


でもこんな身体になってしまってまで貫く覚悟でも無いですよね。

本当、もう一度貴女に会えて結構満足してるんです。

好きな人に会うなんて他の皆にはきっと出来ないことだろうから、僕は幸せ者です」



彼は終始笑顔で話した。


だけど私には自嘲しているようにも聞こえて、すぐに返事が出来なかった。


それくらいに彼の気持ちが汲み取れなかった。



こんなに真っ直ぐに言葉にしているのに、それにしては何処か違和感を感じる。


ただ唯一、私が汲み取れた彼の気持ちは本当は幸せではないこと。


つまり、私の感じた違和感とは彼が嘘を吐いたが故に生じたものだろう。


昔、何処かで嘘をつく人間は何かしら表に出ると聞いた。


表情なり、仕草なり。



もうこれでは何が嘘で何が本当か分からない。



(吁、でも、分からなくてもいいか)




< 5/ 6 >