ケータイ小説 野いちご

縛 り

噫、何時の事だったか
孤独





初めて血を吐いたのは何時だったか。


もう大分前だ。



その瞬間から段々と僕の体は蝕まれていった。


その経過は嫌なほど自分の身体から伝わってきて。


初めは体力が落ちて、それから刀を十分に振る筋力もなくなって、遂にはそれを持って歩く事すらままならなくなった。


今では殆どこの布団の上で寝ているだけだ。



本当はもっと近藤さんや土方さん達と一緒に戦っていたいのに、見放された。


いや、僕の体の事を思っての事なのはよく分かっている。


だけどどうしたって、お前はもう要らないと捨てられた気持ちになってしまうんだ。



僕は弱い。


剣を持って居なければ強く居られない。


剣を持てなくなった今ではただ斬られるだけだ。


でも、それでも、あの人達と同じ〝戦場〟で死ねるならマシだった。


こんな布団の上よりか、ずっと。



ここに来てからはそんな事ばかり考えていた。


特に最近は近藤さん達からの手紙も来なくて尚更。


そうゆう時に彼女が此処へ来たんだ。


だからせめて、この人にだけは僕をずっと必要として欲しい。


そんな醜い気持ちがあんな汚い嘘を生んだ。



< 4/ 6 >