ケータイ小説 野いちご

縛 り

噫、何時の事だったか
告白





「──さん、お鈴さん」


「あっ、ごめんなさい。えっと、何の話だったかしら」



目の前にいる彼と旦那様が重なってしまい、少し昔を思い出して呆けてしまっていた。


その姿を見た彼が心配そうに顔を除かせる。


私は大丈夫だと言わんばかりの笑顔を見せた。


彼は不思議そうな顔をするも、特に詮索することも無かった。



「あ、そうだ。あのね、総司くん、」


「待って、お鈴さん」



私が新たに話題を振ろうと口を開いたところ、そうはさせまいと遮った彼。


その意図に気づけない私はただ彼の顔を見つめるだけ。


少しの間 沈黙が続くと、向こうからポツリと口を開いた。



「お鈴さん、分かってると思いますけど、僕はもうすぐ死にます」


「……え、」


「貴方の前の旦那さんも労咳だったんでしょう?なら知ってるはずです、もう治らないって」


「でも、お医者様は治る事もあるって言ってたわ」


「そんなの滅多に無いですよ。それに、自分の身体は自分がよく分かってるんです。だからね、お鈴さん。最期に貴女に聞いて欲しい。僕の気持ちを」



突然 言葉にして突き付けられた現実を素直に受け入れられなかった。


そんな私を置き去りにして彼は話を進める。



「僕ね、本当は、今死ねて幸せなんです」




< 3/ 6 >