ケータイ小説 野いちご

むらさきひめ~死にたがりの貴方へ

其の参 織本耕介
しきメール2

 空が、高くなる。
 夏の暑さが、掻き消えて、冬の寒さが少しずつ近付いてくる。
 十月も下旬を迎えるこの時期。
 受験生は、息苦しいほどの緊張に包まれる。乱暴に言えば、いくつもの教室は、全部が全部、小さな牢獄だ。

 無駄に大きいこの学校には、きっとたくさんの牢獄があるはずだ。
 そんなどうでもいいことを、ふと考える。
 それでも、本試験が来年になる一般の受験生はまだましじゃないかな、と思ってしまう。 そう。
 それこそ、来月に推薦の特別試験を受ける僕に比べれば。

「はあ……」

 気が重い。
 指導室を出た僕は、大きな溜め息をついた。
 教室まで、いつも通りの廊下が、やたらと長く感じられる。
 視線はほとんど、床に落ちていた。
 がっくりと項垂れているからだ。

 そりゃ、そうだ。
 うんざりするほど、昨晩も母親から聞かされた言葉を、またたっぷりと聞かされた。
 錯覚ではなく、頭が重い。のしかかる言葉が、きっとそうさせているに違いない。
 やれ、この時期にこんな点数などたるんでいる証拠だの。もっと気合を入れろ、だの。
 それから、
 
「D組の城阪に負けてもいいのかだと」
 
 一番聞きたくない言葉を、もう一度聞かされた。
 
 僕の気が重い理由のひとつが、これだった。
 城阪藤二。
 小学時代からの友達で、中学に入ってからも仲のよかった友人。
 そんな彼と、僕は今、ひとつの席をかけて争っている。いや、争わされている、といった方が正しいと思う。

 県下でも有数の進学校である望崎学園。その特別推薦候補として挙げられたのが、僕こと織本耕介と、その城阪藤二だったのだ。
 正直、僕は乗り気じゃなかった。
 気ままな校風の学校がよかったし、何よりも、友人と争うようなことはしたくなかった。
 ただ、そう思うのは僕だけだったらしくて。
 担任も。
 両親も。
 そして……

「よう、織本」

 その、友人さえも。
 乗り気になっていたらしい。
 僕ひとりを、置き去りにして。
 僕だけを、取り残して。
 

「やあ、城阪」

 立ち止まって片手を上げる僕に、城阪は意地悪そうに笑う。
 こいつは、こんな顔をする奴だったかな? そう思うと、哀しくなる。
 僕と城阪のとなりを、ひとりの男子生徒が素通りしていった。無関心に。
 それも、当然だろう。 
 僕の心中なんて、そんな程度だろうから。

「何だよ、絞られたのか?」

 わかっていて、全部わかっていながら、そんなことを言ってくる。込み上げてくる不快感をかみ殺して、僕は誤魔化すように笑った。

「あはは、まあね」

「まったく、しっかりしろよな。そんなんじゃ、張り合いねーぜ?」

 皮肉のたっぷりこもった言葉を残して、去っていく城阪。
 その背中に言い返せれば、少しは気が晴れるのだろうか。
 この鬱屈した胸のもやもやを、吐き出せるのだろうか。
 けれど、僕にそんなことはできなくて、

「頑張るよ」

 あいまいに笑いながら、そんな言葉を返すだけだった。そうして、城阪を背中に感じながら、重い足取りで歩き出した。
 苛立ちも、哀しみも、ただ押し殺す。
 どうして自分は、こんな場所にいるのだろうか、そんなことを考えながら。
 自分の中で、噛み殺す。
 

 その日……日付を超えた深夜。
 僕は、二度目のメールを送ってしまった。
 
『わたしに、逢いたいの?』
 
『逢いたいです』
 
『本当に?』

       ◇


「それじゃあ、行ってくるよ」

 次の休み。
 僕は、参考書を買いに行くと言って家を出た。
 人通りの多い表道ではなく、あえて静かな小道を通っていく。
 駅前の喧騒から少し離れた、行きつけの本屋。目当ての参考書を購入して、外に出てから、溜め息をついた。

 ……このところ、溜め息をつくことが多くなっている気がする。
 溜め息を一回つくごとに、幸せがひとつ逃げていく。そんな言葉、どこかで聞いたっけ。 それじゃあ僕は、どれだけの幸せを逃がしたのだろう。

「は~あ」 

 それでも、もう一回溜め息をついて。
 真っ直ぐ帰りたい気分でもなかった。家に戻れば、また母親の監視のもとやりたくもない受験勉強をさせられる。
 空を見上げる。
 いい天気だった。
 過ぎ行く風が、頬を撫でる。
 澄み渡った青空が、とても綺麗だった。
 今日は、少し温かった。ジャンパーの胸元を、少し開ける。

(……ちょっと、寄り道していこうかな)

 そのくらいはいいだろう、と思って。
 僕は、角を曲った。


< 3/ 21 >