ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

素直になれよ。~幼なじみと秘密の同居♥~

同居なんて聞いてない!【美月side】



朝と同じように、キンモクセイの香りを感じながら自転車を走らせる帰り道。



「……ほんとにビックリしたな」



思わずひとりごとがこぼれる。


だって。


今朝、このキンモクセイの香りと同時に、ちょうど大地のことを考えていたから。


高校生になった大地は、どうなってるかなって。


一目だけでいいから、会いたいなって。


そしたら……。


いきなり、大地が目の前に現れたりするんだもん。


しかも、まるで初めて会う人みたいに、ものすごい美少年になって──。


大地のことを思い出しただけで、急に心臓の鼓動が加速していく。


私は、それを紛らわせようとペダルをこぐスピードをあげた。





< 42/ 355 >