ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

素直になれよ。~幼なじみと秘密の同居♥~

ずっと会いたかった、初恋のヒト。【大地side】



【大地side】



昼飯を買うために並んだ学食の長い列。


ようやく買えたけど、美月は?


俺は、両手にトレーを持ちながら広々とした明るい学食内を歩いてると。



「あのっ、よかったら、ここどうぞ」



頬を真っ赤に染めた女の子。


ちょうど食べ終わったところだったらしく、その子とその友達は椅子から立ち上がると、自分たちのトレーを持って席を空けてくれた。


親切な子たちだな。



「助かるよ、ありがとう」



俺は笑顔で礼を言うと。


女の子たちは、俺にペコッとお辞儀して、早々といなくなってしまった。


さっそく譲ってもらった席にトレーを2つ置く。


食欲をそそる旨そうな匂いに、グゥ~と腹の虫がないた。


あ~、腹減った。


冷めないうちに、美月を見つけないと。


で、美月はどこだ??



< 32/ 355 >