ケータイ小説 野いちご

君の居ない世界で

現実世界

「栞、栞、」

ん?
あたし、誰に呼ばれているの?

「本多栞!」

先生かぁ。
ん?
先生?

「こらぁ、本多栞、何寝ているの?」

「すいません。」

< 20/ 28 >