ケータイ小説 野いちご

君の居ない世界で

出会いの日

 あれは、5年ぐらい前。

「あのぉ、落としましたよ。」

見慣れたパスケースを差し出された。

「え?」

ランドセルを探る。
パスケースが無い!

「ありがとう。あたしのみたい。」

< 12/ 28 >