ケータイ小説 野いちご

運命の人は意外と身近にいたらしい。

second
さよなら好きな人 さよなら幼なじみ








【 大翔side 】







「はぁ、はぁ」










俺はなんでこんなに焦っているのか。









俺はなんでこんなに走って帰ってきたのか。










< 236/ 551 >