ケータイ小説 野いちご

名のない足跡

第二章†夏の足跡




君と出会ったのは、
暑い日差しが降り注ぐ中。



行くあてもなくさまよっていた俺を、
アラゴ様が拾ってくれて。



城を案内してもらってた時だった。



いきなり、木の上から落ちてきて。



木登りなんて女の子がするな、
って怒られていた君は。



俺を見つけて、微笑んでくれた。





気づけばいつも一緒で。



笑顔で俺を呼ぶ君を見る度に。



俺が護らなくては、と 強く思った。







本当は



そんな資格すらないくせに。









< 77/ 325 >