ケータイ小説 野いちご

名のない足跡

プロローグ




フォーサス国…

世界で二番目に規模の大きい大国。



「そんな、まさか…!!」


フォーサス国カルム城の地下深くの一室に、国王・アラゴ=セレナイトはいた。


彼は、目の前に広がる光景が信じられず、その薄茶の瞳を見張った。


「そんな、はず、は」


動揺を押さえられないまま、切れ切れに呟く。

その言葉は、国王である彼以外は誰もいない部屋に、静かに木霊した。


直ぐに、アラゴは落ち着きを取り戻し、瞳を伏せた。


私はつくづく、運のない男だ―…


そんなことを思い、ふっと笑みが広がる。


妻を亡くしたあの日から、私の運気は下がる一方だったからな…


その笑みは、哀しみに変わり、ため息をついて目の前の現実をしかと見る。


彼がいる部屋には、幾多もの死体が転がっているわけでも、見たことのない怪物がいるわけでもない。

アラゴを絶望へ追いやったのは、彼の目の前にたたずんでいる、たったひとつの石碑であった。

これを見て、知ってしまったからには…


「私はこのまま、王としていてはいけない」


その口調は意外にもしっかりしていた。

避けることの出来ない運命だと知っていたから。


アラゴは腰につけていた短剣を、しっかりと握った。


心残りがあるとすれば、二人の子供のことだ。

彼らには、教えてやりたいことが、まだたくさんあったのに…。



「ラッド…ルチル…」



彼は、静かにその胸に刃を突き立てた。




その瞬間、この国の…この世界の歯車は、静かに動き始めた。






< 1/ 325 >