ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

いつか、このどうしようもない想いが消えるまで。

*FIVE*




───必死にのばしたその手は


かならず届くと信じたい




< 329/ 389 >