ケータイ小説 野いちご

遠い日のソナタ、きみに歌うアリア

8. 彼女、ソナタ



8. 彼女、ソナタ


君の笑った顔だけを

いつでも思い描くけど

残った記憶はこんなに

強く、痛んだまま



< 167/ 190 >