ケータイ小説 野いちご

遠い日のソナタ、きみに歌うアリア

7. 彼、アリア



7. 彼、アリア


私が前へ 踏み出すたびに

君は天使に近付いていく

ねえ 独りきりの私を

置き去りに



< 148/ 190 >