ケータイ小説 野いちご

雨のち虹 ~カタツムリの恋~



うしろを振り向くことが

怖くなった。



うしろを振り向くときは

何かを期待してるとき。



もう振り向かない。

もう探さない。


こんなに辛い想いをするくらいなら


もう


信じない。




来るって言ったのに。

依ちゃんの参観楽しみだって言ったのに。

私にやわらかい目玉焼き作るって約束したのに。




全部


全部


嘘だったの?



全部


嘘のお父さん?



< 9/ 168 >